上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

スペシャリストの極意指導 元巨人の鈴木尚広さん 野球教室に120人参加

20171210鈴木尚広さん野球教室1.jpg写真=走塁練習で実演を交えながら指導した鈴木さん

上越市木田2のバッティングドーム「ホワイトウェーブ」で10日、プロ野球の元読売ジャイアンツの選手で「代走のスペシャリスト」として活躍した鈴木尚広さん(39)の野球教室が開かれた。地元の小中学生ら約120人が参加し、鈴木さんから走塁の極意を教わった。

新潟市のスポーツマネジメント会社の「アウトフィールドベースボールアカデミー」が主催した。鈴木さんのほか、元読売ジャイアンツの選手で同アカデミーを主宰する田中健太郎さん(38)、元新潟アルビレックスBC選手の日野悠三さん(29)が子供たちの指導を行った。

鈴木さんは俊足巧打好守の内外野手として活躍。球界屈指の走塁技術で、代走通算盗塁数132個の日本記録を持っている。

この日はまず鈴木さんが立ち姿勢を整える重要性を説明。「頭からつま先まで吊られている感覚で軸をしっかり持って立つ」「姿勢が良くなればパフォーマンスの向上とケガ防止に繋がる」と話し、子供たちと股関節のストレッチやトレーニングを行った。

走塁練習では「足は肩幅より少し広めに開き重心は真ん中に」「自分に合ったリードの幅を知ることで盗塁する勇気が生まれる」などとアドバイス。実際に手本を見せながら指導し、走塁においての考え方や極意を子供たちに伝授した。

鈴木さんは「子供たちは目を輝かせながら出せる力を出し切ってくれていて、私としても熱い時間になった。純粋にもっと野球を好きになってほしい」と話していた。

谷浜ブルーサンダースの黒田虹君(10)は「鈴木さんが教えてくれたコツで盗塁をたくさん決めたい。走る姿がかっこよかった」と感想を語った。