上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

年賀状受け付けスタート 高田郵便局で投函セレモニー 25日までの投函呼びかける

20171215年賀状投函式.jpg写真=「おねがいします」と言って年賀状を投函する園児たち

全国の郵便局で15日、来年の年賀状受け付けが一斉に始まった。上越市大手町の高田郵便局(高橋和広局長)は同日朝、近隣の上越カトリック天使幼稚園(岩崎守園長)園児らを招いた投函セレモニーを開いた。園児たちは思い思いに書いた年賀はがきをポストに投函した。

式には同園の年中、年長の計40人が参加。高橋局長が「心を込めて年賀状を書いてくれてありがとう。皆さんの思いが詰まった年賀状をしっかり届けます。風邪をひかないでお正月を迎えて」と園児に語りかけた。

園児たちが「お正月」を合唱すると局員や利用者からは大きな拍手。代表園児らによるくす玉割りも行われた。祖父母や友達へ一人一人が一生懸命書き上げた年賀状を局内に設置された年賀状特設ポストへ「お願いします」と言って投函した。園児から配達員への手紙も渡された。

年中組の武田果恋ちゃん(5)は「年賀状は初めて書いたよ。おじいちゃん、喜んでくれるといいな」と笑顔を浮かべていた。

同局では「年賀状は(高田郵便局の)特設ポスト以外にも自宅近くにあるポストに投函してもらっていいんです。元日に配達されるよう、25日までの投函をお願いします」と呼び掛けている。なお、年賀はがきは1枚52円で販売しているが、15日から翌年1月7日までに投函されたものが年賀はがき扱いとなる。1月8日投函分から通常はがきとみなされ、差額料金分の10円が必要となる。