上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

180点が華やかに 上越菊まつり 9日まで観光物産センターで開催

20171102菊まつり.jpg写真=180点の作品が並ぶ会場

「第13回上越菊まつり」が9日まで、上越市藤野新田の上越観光物産センターで開かれている。今年は「大菊の部」と「小菊・数咲の部」に約180点の力作が寄せられ、会場内に所狭しと並べられている。入場無料。

菊愛好者で構成されている「菊まつり実行委員会」(森山志津夫会長)が毎年実施している。森山会長が審査員を務めた。

今年は7点が金賞を受賞。このうち上越市長賞には関武夫さん、上越観光コンベンション協会会長賞には太田喜一さん、上越菊まつり実行委員会会長賞には山本静司さんの作品がそれぞれ選ばれた。

会場には「大菊の部」の三本立や福助や切花、「小菊・数咲の部」の盆栽菊などが並んでいる。会場を訪れた人たちは、作品一つずつ鑑賞しながら、写真を撮るなどしていた。

森山会長は「9、10月に雨が続いたが、比較的良い作品がそろっている。ぜひ多くの方に見に来てもらえたら」。

時間は午前9時〜午後5時まで。最終日の9日午前10時30分からは表彰式が開かれる。