上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

体験通じて防災学ぶ 消防フェスティバル 親子連れでにぎわう

20170910消防イベント.jpg写真=放水体験に参加する子供

上越市北城町1の上越地域消防本部・上越南消防署で10日、「消防フェスティバル2017」が開かれた。消防や救命活動を体験できるコーナーが設けられ、大勢の家族連れなどでにぎわった。

市民に防災や救急に対する理解を深めてもらおうと、上越地域消防事務組合(伊藤公雄消防長)が毎年1回実施している。

イベント会場は、上越南消防署の駐車場や屋外訓練場に設けられた。子供たちから人気を集めていたのは、はしご車の試乗をはじめ、防火服を着用しての放水、消火器の使用体験など。このうちはしご車の試乗は希望者多数のため抽選となるほどの人気ぶりだった。当選者は地上から高さ最大30㍍まで伸びるはしごのリフトに乗り、上空からの景色などを楽しんでいた。

放水体験では、子供たちが防火服を着用。的を狙って放水するなどして、消防士気分を味わっていた。

このほか、濃煙体験やAEDの実践、消防機材の展示などが行われた。

はしご車に乗った藤井龍人君(5)は「景色が良かった。はしご車に乗れてうれしかった」と感想を語った。