上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

南葉山にテント69張り 県登山大会 高校の山岳部員が一堂に

20170921南葉山.jpg写真=南葉山でテントを張る高校生

県内21高校の山岳部や登山部の部員が集まって交流を深める「県高等学校秋季地区体育大会 全県登山大会」が21日、上越市中ノ俣の南葉高原キャンプ場で始まった。170人の生徒が参加し、計69張りのテントを並べると、同キャンプ場の池田増夫管理人(75)は「これだけの数のテントが並ぶのは、南葉山では極めて珍しい」と驚いていた。参加した生徒たちはこの日、炊事に励んで寝泊まりし、今日22日には頂上を目指し登山を行う。

全県単位の登山大会は年に4回開かれている。秋季大会は生徒同士の親睦を深め、心身の健全な成長を図る目的がある。今年は上越市の南葉山で開かれることになった。登山道にはカタカナ1文字が書かれたパネルが複数箇所に設置されており、現在地を確認しながら地図上に文字を書き込んでいく。

今回は21校から170人が参加。池田管理人によると、同キャンプ場は以前に比べて規模が縮小し、50張りほどのテントを張るのが限界だったため、今回の大会に合わせて重機で斜面を整備し、エリアを増設。約80張りのテントを設置できるようにした。

この日は昼頃から各校が順次、会場に到着してテント張りを行った。生徒たちは高田平野を一望すると「景色が良い」「空気がおいしい」などと話しながら、山のレジャーを満喫していた。

今日22日には、標高約950㍍の南葉山を登り、参加者同士で交流を深める。

高田農業高校2年の小林柾貴君(16)は「初対面の人ばかりで緊張するけど、みんなで山を登れば達成感を得られると思う。道中の景色も楽しみたい」と話していた。