上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

「上京型」 詐欺に気をつけて 上越署が詐欺被害防止広報

20170803警察広報.jpg写真=新幹線利用者にちらしを配布して詐欺被害防止を呼び掛けた

首都圏まで現金を届けさせる「上京型」の特殊詐欺被害を防ごうと、上越警察署は3日、北陸新幹線上越妙高駅改札口で新幹線利用客にチラシを配布し、詐欺被害防止を呼び掛けた。

先月27日、上越市内に住む80歳代の女性が、息子になりすました男から「大宮駅まで現金300万円を持って来てほしい」 という電話を受け、北陸新幹線に乗って大宮駅まで向かい、弁護士を名乗る男に300万円をだまし取られた事案が発生。同日の広報活動は今後の被害拡大を防ぐために行われた。

駅の改札口前では署員5人がちらしを配布。「首都圏に現金を届けさせる詐欺の手口も増えている。気をつけて」などと利用客に呼び掛けていた。

上越署の山本条太郎生活安全課長は「上越署管内でも上京型詐欺の前兆電話が増えている。『電話番号が変わった』という連絡には一度電話を切り、元の電話番号にかけ直してほしい」と話している。

同署によると、県内で今年1月から6月末までに発生した上京型の特殊詐欺被害は、7件3350万円。