上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

海岸沿いに"黄色の絨毯" 道路脇400mにスイセンの花

20170418スイセン.jpg

写真=上越市五智5の直江津海岸沿いに咲くスイセンの花

上越市五智5の直江津海岸沿い約400㍍にわたって植えられているスイセンの花が、見頃を迎えている。植栽を行った市民団体「ひまわり會」の木村良彦会長は「今年もきれいに咲いている。ゴールデンウイーク頃までは見頃が続く」と話している。

同地内のスイセンはひまわり會のほか、「上越市まちづくり市民大学2008の会」や、地元町内関係者などが植栽した。直江津海岸沿いにごみが多く落ちていることから、海に来る人にごみを捨てない意識を持ってもらおうと、8年前から毎年同所にスイセンを植えるようになった。市の地域活動支援事業を活用している。

場所は同市五智5にある「さざ波屋」前の道路脇。白と黄色の色鮮やかな花が約800輪並んでいる。夏にはヒマワリを植え、地元の国府小学校の児童に看板を描いてもらう予定。

木村会長は「海にごみを捨てないという意識を多くの人に持ってもらいたい。花を植えることで、地元地域をもっと奇麗にしたい」と話している。