上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

魚住かまぼこ店がハート形かまぼこ第5弾「さくら」発売

20170201さくらかまぼこ2.jpg

写真=期間限定で発売されるハートかまぼこシリーズ「さくら」

上越市春日新田5の魚住かまぼこ店(田村博社長)は1日、「ハートかまぼこシリーズ」の第5弾商品となる「さくらかまぼこ」を発売した。2月から4月までの期間限定販売。

バレンタインデーなどの贈答品などで利用してほしいと、昨年2月に販売された「ハートかまぼこ」は女性社員の発想から誕生。「紅白」「明太子」「チーズ」が人気を呼び、先月には第4弾の「四つ葉クローバー」が発売された。今回発売された「さくら」は、鮮やかなピンク色が可愛らしい商品。かまぼこをハート型にくりぬき、並べることで桜に見立てている。

同社は「春の喜びを味わう商品として、卒業、入学、進学、就職などのお祝い、お土産などに利用して」と話している。1個432円。期間限定販売だが、事前予約で通年注文も受け付ける。

同店は県内でも唯一となった石臼練りにこだわったかまぼこを製造。同市内の中小企業が開発した優れた特産品を市が認証する「メイド・イン上越」に同店商品3品が認証されている。商品についての問い合わせは同店543・2438。