上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

活気の良い声響く 一印上越魚市場でサメの競り

20161227サメ競り.jpg

写真=サメの競りが行われた一印上越魚市場

上越市木田3の「一印上越魚市場」(尾崎徹社長)で27日、上越地方の正月料理として食べられるサメの競りが行われた。鮮魚店やスーパーマーケットの担当者らが会場に詰めかけ、用意されたサメを次々と競り落としていった。

上越地方の山間部などでは、正月料理としてサメの煮こごりや煮付けなどを食べる風習がある。サメの肉にはアンモニア成分が多く含まれており、腐りにくいことなどから、昔から山間部に暮らす人々のタンパク源として重宝されてきた。同社は正月用のサメを販売するため、毎年12月27日に競りを行っている。

今年は宮城県産と佐渡産の計26匹が競りにかけられた。頭や腹などの部位に切り分けられたサメは、1㌔あたり1000〜2000円ほどで次々と競り落とされ、10分ほどで完売した。

尾崎社長は「最近はサメを食べる家庭も減ってきているかもしれないが、地元の味としてサメを食べてもらえたら」と話していた。