上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

春ちゃんが「海鮮居酒屋 番屋」として移転オープン

番屋店内.JPG

写真=海鮮居酒屋番屋の店内

旬の魚料理を提供する上越市中央5の「居酒屋春ちゃん」が1日、東側約30㍍先に移転し「海鮮居酒屋番屋」(池田雅宏店長)としてリニューアルオープンした。独自のルートで仕入れた新鮮な魚を使った料理は、新店舗でも健在。従来の約2倍となる最大40人を収容する宴会室も用意されている。

新店舗はカウンターや小上がりなど計80人まで収容することができるため、大人数での利用や1人で飲みたい時など、多様なニーズに対応している。従来の個室は和室のみだったが、今回は洋室も用意。同店は「足腰に不安を抱えて正座することが難しいという高齢の方でも、安心して利用していただける」と話す。

宴会コースは3種類。同店のおすすめは、旬の刺し身や焼き魚や揚げ物などが提供される飲み放題4980円コース。アルコール類はビールや焼酎をはじめ、10種類以上の豊富な地酒が提供される。このほかにも、気軽に味わえる3980円コースや、特上料理が振る舞われる5980円コースもある。1人で気軽に食事をしたい人向けの単品メニューも豊富。

同店は「おいしい魚とおいしい酒を味わってほしい。宴会スペースも広くなったので、大人数でのご来店もお待ちしております」と話している。

リニューアルに伴い、ランチ営業は終了となった。営業時間は、午後5時30分から同11時まで。月曜定休。直江津駅北口から徒歩約5分。電話545・2188。