上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

目標は50万人 たにはま海水浴場で海開き

20160626たにはま海開き.jpg

写真=潮陵中学校の有志生徒による樽みこし

 上越市長浜のたにはま海水浴場で26日、海開きが行われた。市内にある4つの海水浴場の中で最も早い海開き。関係者らが集まり、神事でシーズン中の盛況と無事故を祈ったほか、地元の中学生が樽みこしなどのイベントを行い、海水浴場を盛り上げた。

 海開きのイベントは、地元の谷浜観光協会(田中弘邦会長)が毎年実施している。神事で玉ぐしを捧げた田中会長は「天候が心配だったが、晴れて良かった。たくさんの人に海水浴に来ていただきたい」とあいさつした。

 アトラクションでは、地元の潮陵中学校の有志生徒による樽みこしや、谷浜小学校高学年による金管演奏、自然をテーマに同海水浴場で学習を行う上越教育大学付属小学校3年2組によるフラッグダンスなどが披露された。会場には地元住民や保護者が詰め掛け、子供たちのパフォーマンスに拍手を送っていた。

 同協会によると、昨年は北陸新幹線開業効果もあり、24万人の海水浴客が訪れた。今年の同海水浴場の水質は、最高ランクの「AA」を記録し、昨年の「A」よりも1ランクアップ。今シーズンの目標来客数を50万人に設定した。

 上教大付属小3年の鈴木元晴君(8)は「大勢の人の前でフラッグダンスをやるのは緊張した。海に来たら、思いきり遊びたい」と話していた。

 なおえつ海水浴場と鵜の浜海水浴場の海開きは7月1日、柿崎中央海水浴場は2日。