上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

発色までロマンチック パッチワークキルト展15日まで

20160603パッチワーク展.jpg

写真=ロマンチックな魅力ある作品展

 「マミーズ・パッチワーク・キルトサークル」(古川まゆみさん主宰)の作品展が15日まで、上越市立直江津小学校1階の同市シニアセンター直江津ふれあい館で開かれている。入場無料。

 同教室は、主宰の古川まゆみさんが火曜から木曜まで中央2の龍泉寺を会場に開いている。ソレイアード・シャルル・ドゥメリー社製をはじめ、貴重なフランス製生地を使い、丈夫な上に希少価値の高いものを製作できるとして人気の教室だ。

 アンティーク調の絵柄や発色の美しさなど、素材の持ち味を引き出した手仕事の成果が会場に並んだ。生徒15人によるタペストリー、バッグ、小物類など102点。うっとりさせるロマンチックな魅力にあふれる。

 大作タペストリーは、縁取りを生徒が分担して縫い、古川さんが20年かけて収集した生地を惜しみなく活用し仕上げた労作だ。午前9時から午後6時、15日は同4時まで。