上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

熱戦のシーズン到来 高田ジュニアリーグが合同開会式

20160423高田ジュニアリーグ.jpg

写真=選手宣誓を行う水澤主将

 上越市学童野球連盟高田ジュニアリーグの第33期合同開会式が23日、同市富岡の市少年野球場で行われた。昨年と同じく全19チームが参加し、選手は健闘を誓った。開会式後には、第33回会長旗争奪大会が始まり、選手たちの野球シーズンが開幕した。

 今年は会長旗争奪大会のほか、5月には読売旗争奪大会などの公式戦が行われる予定。

 開会式では、同リーグの池田保次会長が「少子化の影響で、選手が少なくなってきているが、指導者の力で、ぜひ強いチームを作ってほしい」と各チームを激励した。

 選手を代表して、富岡レッドファイヤーズの水澤幸主将(富岡小6年)が「野球を教えてくださる監督やコーチ、支えてくれるお父さんとお母さんに感謝し、正々堂々戦い抜くことを誓います」と選手宣誓を行った。

 その後、会長旗争奪大会が始まり、球場には選手たちの元気な声が響いた。