上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

佐渡汽船「あかね」1周年で乗客に記念はがき配布

あかね就航.jpg

写真=記念のポストカードを受け取る乗船者

 昨年4月21日に定期就航を開始した直江津―木航路を結ぶ高速カーフェリー「あかね」は21日、就航1周年を迎えた。同日、同船乗船者に記念オリジナルポストカードが配布された。24日には直江津、小木両港で就航1周年の記念イベントが予定されている。

 同社によると同船定期就航により佐渡へのアクセス高速化、直江津港発2往復の固定ダイヤが実現したことなどから、同航路の輸送人員が前年同期間に対し、5万1874人増加したという。同船の速力は約30ノットで、直江津─小木航路を1時間40分で結ぶ。

 1周年を記念して配布されたポストカードはあかねの船体などが写された3枚セット。直江津港発2便、小木港発1便の計3便の乗船客に配られた。このうち、直江津港午後2時10分発には、関西からのツアー客ら約150人が乗船した。ポストカードを受け取り、笑顔で船に乗り込んだ。大阪からツアーで参加した永井信子さん(72)はポストカードを見ながら「初めての佐渡。あかねに乗るのが楽しみ。砂金採りやたらい舟にも乗る予定」と笑みを浮かべた。

 24日に直江津港ターミナル待合室内で行われる記念イベントは午前8時50分、午後1時35分の2回開催。当初は17日に開催予定だったが、強風で同船が欠航したため、24日に延期された。当日は振る舞い酒や抽選会、地元団体の太鼓演奏、ご当地キャラクターのもてなし、名前に「あかね」が付く人を対象に記念品が渡される。なお、同日午前11時15分からは小木港ターミナル待合室内でも同様のイベントが行われる。

 イベントに関する問い合わせは佐渡汽船総務課025・245・2311。