上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

1484人が決意新たに 上越市成人式

成人式3.jpg

写真=振り袖姿で記念撮影する新成人

 上越市成人式が2日、同市下門前のリージョンプラザ上越で開かれ、振り袖やスーツ、はかまに身を包んだ新成人たちは旧友や恩師との再会を喜んだ。成人の集いには同市出身のアーティスト、Hilcrhyme(ヒルクライム)のT‌O‌C(トク)さんがサプライズゲストとして登場し、新成人の門出を祝った。

 同市の成人式対象者は1995年4月2日〜96年4月1日の間に生まれた2140人が対象。同日は全体の69・3%の1484人が出席した。

 式典で村山秀幸市長は「上越市は信念、こだわり、頑固さを持ち、チャレンジを続ける皆さんを応援する懐の深い町。自ら決断し、自分自身の人生を歩んでほしい。努力することで一人一人が活躍できるステージは用意されている」と新成人を激励した。新成人を代表し、千葉県在住の大学生、金子聡太さん(城東中出身)、同市在住のバスガイド、小島ななさん(城北中出身)が代表スピーチを行った。小島さんは「地域の元気につながる活動をしたい。大好きで大切な上越市が認知され、活性化していくよう、行動していく」と力強く語った。

 式典に続いて行われた成人の集いは「ふるさと〜感謝・絆・愛〜」をテーマに実行委員会が企画。今年の新成人で双子ユニットとして東京で活動する「ChaRu(チャル)」(城北中出身)が2曲を披露した。続いてサプライズゲストとしてT‌O‌Cさんが登場。T‌O‌Cさんは新成人に「夢を見つけてほしい。夢を定めたら自分を信じて覚悟を持って進んで。覚悟がなければ夢はつかめない」と語りかけた。2曲を歌い、会場を大いに盛り上げた。