上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

謙信勝負飯に必勝コメて 国際ご当地グルメ前に飲食店団体が神事

謙信勝負飯必勝祈願.jpg

写真=当日提供する地元産の米を持ち込み必勝祈願の神事に臨んだ品和亭の高橋さん(中)

 北陸新幹線上越妙高駅開業1周年を記念して12、13日に開かれる「国際ご当地グルメグランプリ」で、上越のご当地グルメ「謙信勝負飯」を提供する上越市の団体が8日、同市本町1の春日神社で必勝祈願を行った。

 謙信勝負飯は、郷土の戦国武将、上杉謙信の戦の強さにあやかろうと戦国時代の「湯漬け」にちなんで5年前に開発されたご当地グルメ。市内で5店が常時提供しており、受験前の学生が合格祈願に食べるなど定着している。

 開業1周年のご当地グルメグランプリには30の団体が出店し、投票でグランプリを競う。この日は、市内で勝負飯を提供する飲食店で作る謙信毘食協議会のメンバーで、吉川区の品和亭の高橋孝一さんらが、上杉謙信にゆかりがある春日神社に当日提供する米を持ち込んで必勝を祈願した。

 高橋さんは「グランプリでの必勝を願うとともに、おはらいしてもらった米を食べた方々にもご利益があるように」と話していた。

 国際 ご当地グルメグランプリは12、13日、上越妙高駅周辺で開かれる。