上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

トキ鉄などの1周年祝い 塗り絵つなぎ電車作り

20160313塗り絵.jpg

写真=母親と来館し、塗り絵を楽しむ子供

 えちごトキめき鉄道と北陸新幹線の開業から、14日で1周年を迎えた。上越市中央1の同市立直江津図書館は、開業1周年を祝う企画「でんしゃをぬろう!」を実施している。期間中に本を借りた子供は、電車の塗り絵を行うことができる。27日まで。

 対象者は、館内の「こどもとしょしつ」で本を借りた子供。カウンターで配られる電車の絵が描かれた用紙に、カラフルな色鉛筆で色を塗っていく。完成した塗り絵は、館内の壁面に順次貼られていき、一列の長い電車を作る予定だという。

 同館を訪れていた年少園児の平野慎太郎君(4)は、大好きな青色と緑色を中心に電車を塗り上げた。慎太郎君は「電車が好き。塗り絵は楽しかった」と話していた。

 同館サービス係長の内山喜寿さんは「子供たちに塗り絵を楽しんでもらって、一緒にトキ鉄と北陸新幹線の1周年を盛り上げたい」と話していた。

 開館時間は午前10時〜午後6時。16、17日と22、23日は休館。壁面での塗り絵の展示は4月17日まで。

 問い合わせは同館545・3232。