上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

御風やディズニーなど ギャラリー祥で23日まで感謝セール

20150812ギャラリー祥セール.JPG

写真=サイン入りセル画やディズニーアニメをモチーフにした作品が並ぶ2階の展示スペース

 上越市本町5のギャラリー祥は23日まで、半期に一度のセール企画「感謝の月」を開いている。
 20〜60%引きで提供しており、同画廊は「美術品は高価で日常的に手が届かないもの。"これなら買ってみようかな"とまず手に入れて絵を楽しんでもらうきっかけになれば」としている。
 今回は絵画33点とブロンズ2点をはじめ、食器類、茶道具や掛け軸の逸品まで豊富にそろう。中には「白雪姫」「アラジン」などディズニーアニメのポスターを手掛けたことで知られるデビッド・ウィラードソンによるピノキオや、「トムとジェリー」をヒットさせた米国・アニメーション監督とプロデューサーによるサイン入りセル画など珍しいものも。
 このうち1階には"トミオカホワイト"で知られる同市縁の富岡惣一郎や柴田長俊の作品をはじめ、号数は大きくないが存在感があり気品高い中野昌子「葛」、全体の色調やほの明るい電飾が胸にしみる早川義孝「夜」などが並んでいる。
 一方、2階は"骨董市"さながらの雰囲気。齋藤三郎による水指、石塚仙堂のびょうぶや東洋越陣人の画、相馬御風の書など逸品が目を引く。また1800年代のマイセンをはじめ、日々の暮らしを楽しむための器や花入れも手頃な価格。
 入場無料。月曜休廊。午前10時30分から午後6時30分、日曜は午後6時まで。問い合わせは同画廊522・8778。