上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

高田公園北堀で「東洋一のハス」開花

20150622ハスの花.JPG

写真=北堀には今年もハスのつぼみや花が姿を見せ始めた(22日午前10時頃)

 上越市の高田公園の堀でこのほど、ハスの花が咲き始めた。22日には県立高田北城高校付近の北堀で10個ほどのつぼみや花がピンク色を付け、通行人の目を楽しませている。
 規模、美しさ共に「東洋一」と称される同公園のハス。外堀約19ヘクタールのほとんどをハスが埋め尽くし、市内外から観光客が訪れるハスの名所として知られている。同公園管理事務所によると例年、北堀のハスが最も早く開花を迎えるといい、今年は19日に開花が確認された。ただ、今年は18日、西堀の外来種「ミセス・スローカム」が1輪、最も早く花を咲かせたという。また、西堀の生育が悪く、20日に粒状肥料200キロを使用した。
 同事務所の石田三郎さん(62)は「見頃は7月下旬から。今年も例年並みに美しいハスが咲きそう。楽しみですね」と話した。
 今年は7月24日から8月16日まで、「第36回上越蓮まつり」が開催される予定。