上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

高田城にブルーインパルス 南本町小に草刈りアート出現

20150611南本町小の草刈りアート.JPG

写真=南本町小に出現した草刈りアート

 上越市立南本町小学校(熊木泰広校長・児童289人)の児童玄関前の庭に11日、「草刈りアート」が出現した。今回の絵柄は、高田城の上空を飛行するブルーインパルス。児童は庭に描かれた特大アートに目を輝かせた。
 草刈りアートは、同校児童や来校する保護者を楽しませようと、昨年度から年に数回実施している。
 本年度の制作は同日が初めて。これまでは児童から図案を募集していたが、今年は児童たちへのプレゼントとして実施され、職員が図案を出し合った。
 同日は、同校職員が午前7時から草を刈り込み、約4時間かけて絵柄を完成させた。高田城は模様の作り込みが細かく、作業担当者は「大変だった」と話したが、「子供たちに楽しく学校へ来てもらいたい。その思いで制作しました」と笑顔で語った。
 完成後、校舎3階から見下ろしていた5年生の近藤天丸君(10)は「ブルーインパルスは迫力があってかっこいい。高田城も奇麗に作られていてすごいと思った」と感激した様子だった。
 本年度の草刈りアート制作は、今後2回を予定している。