上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

お馬出しプロジェクトが「つるしびなワークショップ」

20150222つるしびなワークショップ縮小.jpg

写真=レルヒさんをイメージした雪だるまのつるしびなを仕上げる参加者

20150222つるしびな完成縮小.jpg

写真=完成した3点の"ご当地つるしびな"

 上越市本町2の「お馬出しの辻」跡に関する継承活動と催しを実施している市民団体お馬出しプロジェクトはこのほど、"ご当地もの"に着想した「つるしびなワークショップ」を開いた。
 ここ数年で全国的に流行したつるしびなを「ただ作っても面白みがないので、高田城開府400年の節目にちなんだ"ご当地"要素をプラスして、より親しんでもらえたら」との思いで主催の同会が企画。女性14人が参加し、大好評だった。
 郷土ならではの笹だんご、レルヒ少佐をイメージした雪だるま、とうがらしの3種類を作り、同会メンバーの3人が教えた。ちりめんや絹などの着物地を素材に用いることで、"和"ならではの発色の美しさと味わい深さが加わった。
 参加した同市内の女性は「上越らしい、オリジナル性にあふれたものを作れるとは思っていませんでした。個性的でとても素敵、愛着が持てます。細かなパーツは全部用意してもらっていたので、手軽に楽しめています。とても楽しいですね」とにこやかに話し、作業を進めていた。