上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

カタクリをテーマに上越市の白鳥さんが写真展

20150222白鳥さん写真展2縮小.jpg

写真=ギャラリーに、白鳥さんの力作が並ぶ

 上越市北城町2の白鳥和成さんによる写真展「早春のたより」が現在、同市本町3のメガネとカメラの石倉店内・ネイチャーフォトギャラリーで開かれている。3月31日まで、観覧無料。
 白鳥さんは、地元の里山をはじめ、自然界のドラマや美しい色に心ひかれて、撮り続けてきた。特にマクロレンズを使用した撮影を得意とする。写友かたくり会員。
 今回、春を告げる花・カタクリをテーマに15点を発表している。同ギャラリーでは初の個展。このうち"粘りの探索"で数万株に1株といわれる希少色の白カタクリをとらえた作品が印象に残る。かれんな花の特徴がよく見て取れる。
 また、100ミリのマクロレンズを使用し、雨露越しにカタクリを写してみせた作品も魅力的。気候条件などに左右されながら、好機を逃さずとらえた白鳥さんの手腕が成せる技だ。