上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

「エキマエ・バレンタイン・マーケット」で高田駅前がキラキラ

20150214 エキマエ・バレンタイン・マーケット縮小.jpg

写真=高田駅前コミュニティルームで行われた飲食を楽しむイベント

 「エキマエ・バレンタイン・マーケット」と銘打ったイベントが14日、JR高田駅前などで開かれた。上越市仲町5の高田駅前コミュニティルームでは多彩な企画や飲食を楽しむ催しが行われ、女性らでにぎわった。駅前広場の樹木などには8000球のLED電球が施され、キラキラ輝くイルミネーションがこれから3月中旬まで楽しめるのをはじめ、駅周辺の約10店舗の窓に雪の結晶をモチーフにした蓄光シールを貼り、駅前を華やかに彩っている。
 北陸新幹線開業に伴いJRから経営分離される高田駅やその周辺の利活用について考えようと活動している「高田駅グランドデザイン研究会」(宮崎朋子会長)が企画した。
 高田駅前コミュニティルームで行われたイベントは子供から大人まで約50人が参加。チケットを購入して参加する形式で行われ、特製シチューや地元の岩の原ワイン、おつまみが提供されたほか、チョコレートファウンテン、子供限定の雪上宝さがしなど多彩な内容で行われた。参加者で同市戸野目の矢崎恵美さん(46)、春日山町1の富菜由紀子さん(36)は「ワインもおいしく、今日は楽しみたい。小さい子供を連れた女性でも気軽に参加できる印象です」と楽しんでいる様子。宮崎会長は「いろいろな方がつながり、楽しんでいただけたと思う。高田駅前コミュニティルームの新たな活用方法を考え、今後、知名度を上げていける活動を進めていきたいですね」と話していた。
 イルミネーションの点灯は3月中旬までの午後4時30分から同10時30分。