上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

ランチの店おりづるでクリスマス会楽しむ

20141223ランチの店おりづるクリスマス会縮小.jpg

写真=ケーナの演奏や合唱の後、おりづるの利用者が慣れた様子で膳を運び、皆で昼食を味わった

 上越市内2か所でランチの店を運営するNPO法人「おりづる」は23日、関係者ら約60人を集めて「感謝のクリスマス会」を同市本城町の県上越地域振興局1階のおりづる高田店で開いた。
 同法人は、障害のある人が地元地域で生き生きと活動できる場と位置づけ、西本町2の直江津店と高田店を運営し、就労支援を行う。設立当初から10年以上にわたりクリスマス会を続けてきた。
 同日、両店舗で調理や配膳などを担当する利用者11人や関係者はもちろん、日頃から運営を支えるボランティアを招き、感謝を表す会にした。
 有志による朗読劇「かぜのでんわ」で幕開け。南米生まれの楽器ケーナの演奏から安来節までバラエティに富み、会場が沸いたところで、クリスマスソングを皆で合唱し盛り上がった。直江津店の古屋孝行さん(27)は「歌のコーナーが一番楽しかったです。特に『翼をください』がよかった」と笑顔で話した。古屋さんら利用者が慣れた様子で昼食の膳を運び、皆で食事を楽しんだ。
 同法人によると、来年度は国県の支援を受け、障害者の就労に向けた支援サービス事業所として新たに歩み出す。改修工事に伴い、1月から3月まで直江津店は休業する。
 高田店は通常通り営業し、年内は26日まで、年明けは1月5日から。「日替わりランチ」は430円、大盛り540円。好評の弁当は544・0626へ予約注文を。