上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

公立高校合格発表 受験生に待望の春到来

th_20130313高校合格発表.jpg

 2013年度の県内公立高校入学試験の合格発表が13日、県内の各校で一斉に行われた。上越市の県立高田高校(若山宏校長)では正面玄関前で発表され、受験生は自分の番号を見付けると保護者や友人と満面の笑みで喜んでいた。

 同校では、午後2時に2月の推薦選抜試験と今月11日に行われた一般選抜試験の合格者を発表。合格した普通科241人、理数科40人の受験番号が書かれた掲示板が正面玄関前に立てられた。

 受験生は保護者とともに掲示板の前に集まり、自分の番号を見つけると大喜び。中には泣き出す女子中学生もいた。

 合格者は、入学手続き関係の書類や春休み中の課題などを受け取っていた。また4月から先輩となる在校生から祝福を受け胴上げされたり、部活動の勧誘を受けていた。

 普通科に合格した上越教育大学付属中学校3年の関川葉月さん(15)は「とてもうれしい。試験の後も結構不安で今日まで緊張していた。管弦楽部に入って勉強と両立したい」と目を輝かせた。同じく普通科に合格した同中3年の笹川由樹さん(15)は「自分の番号を見た瞬間、泣きそうだった。試験は数学が心配だったけど大丈夫と言い聞かせた。高校では勉強を頑張りたい」と話した。