上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

東日本大震災から2年 真行寺幼稚園で三回忌法要

th_20130311震災2年真行寺法要1.jpg

 1万8000人を超える死者、行方不明者を出した東日本大震災から11日で2年を迎えた。上越市内でも震災の犠牲者への冥福や、被災地の復興を祈って黙とうや法要などが行われた。

 中央5の真行寺幼稚園(中戸賢裕園長、242人)では、東日本大震災三回忌法要が行われ、園児は震災の犠牲者の冥福を祈った。

 同園では関係者を含め犠牲者はいないものの、震災を風化させないことや、園児が命の尊さを知ることで他人を大切にする心を持ってもらおうと、昨年から法要を行っている。

 全園児が同園大ホールに集まり、中戸園長が読経する中、年長園児が焼香して手を合わせた。

 中戸園長は「大きな地震や津波を忘れないことがみんなにもできること。つらい悲しい人の思いを分かることで、友達が困っている時に助けたり、一緒に悲しんであげる優しい人になってほしい」とあいさつした。

 同園では震災後の2011年8月、被災した宮城県石巻市の幼稚園に、買い換えで使わなくなった送迎用バスを寄贈している。