上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

春の味覚を歓送迎会で こだわりコース予約受付中 「ジュ・タドー」

s-ジュ・タドーA.jpg

 地産地消にこだわった新しい「上越フレンチ」を提案する人気のフランス料理店「ブラッスリー ジュ・タドー」(上越市本町3)。春の素材を使った料理が堪能できる歓送迎会コースの予約を受け付けている。
 同店のお薦めは、盛り皿のオードブル風などが入るAコース(4200円)、銘々皿の料理と盛り合わせ料理のBコース(5250円)、フルコース料理のCコース(6300円)など。瞬間(短時間)薫製した鶏胸肉を真空調理でゆっくり火を通し、地物の春野菜とそのエキスのゼリーで固めた「鶏胸肉の瞬間燻製と春野菜のテリーヌ」のほか、前菜やスープ、デザートなどが付く。いずれも、素材そのものの持ち味を生かせるよう、丁寧な下ごしらえを施している。
 フレンチをベースにしたオリジナル料理も提供している同店。ランチでは、シェフおまかせの「ジュ・タドーランチ」(1470円から)が人気を集めている。料理に合うワインも豊富で、フランスワインは150種類、約700本をストックしており、JSA(日本ソムリエ協会)認定のソムリエが、客の好みや料理に合う一本を提案してくれる。
 秋田県生まれで2年間の農業経験を持つオーナーシェフの米谷太雅さんは、上越の豊かな風土に惚れ込み、移住して2009年に同店をオープンした。
 米谷さんは「フレンチにはこだわっていませんが、食材にはこだわっています。ここでしか味わえない料理をお気軽にどうぞ」と話している。
 営業時間は昼が正午~午後2時半、夜は午後6時~10時。月曜定休。電話526・3091。

写真=コースなどに入る「鶏胸肉の瞬間燻製と春野菜のテリーヌ」