上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

国際石油開発帝石 市に学習本400冊寄贈

20130301帝石漫画寄贈.JPG

 上越市八千浦に液化天然ガス(LNG)の受け入れ基地を建設している国際石油開発帝石が1日、同社が協賛した漫画学習本「天然ガス開発のひみつ」400冊を市に寄贈した。本は市内の小中学校やこどもの家、図書館などに配布される。  本は社会の事柄を漫画や図などで分かりやすく紹介する「学研まんがでよくわかるシリーズ」の一つ。同社が資料を提供しており、八千浦に建設中の受け入れ基地の完成予想図なども使用されている。  この日は同社直江津LNG受入基地建設事業所の赤坂雅章所長ら同職員3人が市役所を訪ね、村山秀幸市長に目録を贈呈。村山市長は「子供たちも喜ぶと思う」と感謝していた。  赤坂所長は「天然ガスを広く知ってもらおうと作った。重要な資源でクリーンなエネルギーということを勉強してもらえれば」と話していた。  同社では市のほか、高田ロータリークラブや上越市社会福祉協議会などにも計650冊を寄贈する。