上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

上越市内 市立中学校22校で卒業式

th_20130308雄志中卒業.jpg

 上越市立の中学校全22校で8日までに卒業式が行われ、1800人の生徒が、それぞれの思い出を胸に学び舎を後にした。

 このうち市立雄志中学校(山崎光隆校長、189人)では8日、第24回卒業式が行われた。62人の卒業生が一人ずつ山崎校長から卒業証書を受け取った。

 「コネクション〜ひとりひとりがつながる生徒会〜」をスローガンに、義務教育最後の年を過ごした卒業生たち。交流会など、地域とのつながりを大切に活動してきた。

 山崎校長は式辞で「雄志中で学んだ、目標を持ちたゆまぬ努力を続ける意志と、集団の中でより良く生きる共生の志を忘れないでほしい。未来を変えるのは自分たち」と卒業生を激励した。

 卒業生を代表し、丸山隼君(15)は「同校での楽しい思い出は自分一人では得られなかった。雄志中の団結力と創造力を生かし、さらに中学を良くしてください」と答辞を述べた。

 卒業生は在学生や保護者の拍手で見送られた。