上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

高田公園に白鳥飛来

20130128高田公園白鳥1.JPG

 上越市本城町の高田公園に28日、白鳥が飛来した。西堀で羽を休め、優美な姿を見せていた。同公園管理事務所では「堀にいる白鳥を確認したのは、この冬になって初めて。例年より1か月ぐらい遅いのではないか」としている。  白鳥は計3羽。そのうち1羽は鮮やかな白色の成鳥で、残りの2羽は胴体や首の部分が黒く幼鳥とみられる。日本野鳥の会会員で東城町3の山本明さんは「くちばしの特徴からオオハクチョウではないか」と推測。3羽は正午ごろ、上越保健医療福祉専門学校前の西堀で羽を休めていた。  同公園では、10数年前から白鳥が姿を見せるようになった。例年12月中旬ごろから飛来するようになり、同月下旬には20羽ほどが姿を見せるという。  ただ今冬は遅れていたようだ。山本さんは「この冬になって堀で白鳥の姿は見ていない」と話し、同公園管理事務所も飛来を確認していないという。  同公園管理事務所の石田三郎さんは「ようやく来たという感じ。この冬も来てほっとしている」と話している。