上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

天然温泉「らく楽荘」 疲労回復は「湯治プラン」で

s-20130127らく楽荘.jpg

 妙高市赤倉温泉「らく楽荘」では、疲労回復や健康促進を目的とした「湯治プラン」の予約を受け付けている。1泊3食まかない付きで、料金は1人4300円~。2泊から受け付ける。

 女将の中井和子さんは「湯治は古くから日本に伝わる病気療法の一つと言われています。保養所に近い感覚の同宿で、日常を忘れ心と体を芯から癒してはいかがでしょうか」とピーアールする。
 妙高山北地獄谷から自噴する温泉を使った、源泉かけ流しの風呂が自慢の宿。1泊2食付きの通常料金は、1人5550円で、地物の新鮮な素材を取り入れた和洋折衷の料理が楽しめる。また、「スキープラン」や「日帰り入浴+お食事プラン」の予約も受け付け中だ。日帰り入浴料金は、大人500円、子供200円。
 1周年の感謝企画として、「日帰り入浴券」(大人)を抽選で10人にプレゼントする。応募ははがきに、住所、氏名、年齢、電話番号のほか、「入浴券希望」と明記し、郵便番号949・2111 妙高市大字赤倉570・15 らく楽荘まで送る。当選の発表は入浴券の発送をもって代える。締め切り2月15日必着。問い合わせ0255・87・2988。

写真=赤倉温泉足湯公園前にある「らく楽荘」