上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

「チアーズ」 時間帯で営業スタイル変化


 上越市仲町3にカジュアルダイニング「Cheers(チアーズ)」がこの秋オープンした。時間帯で「洋風居酒屋なでしこ営業」と「店内屋台サムライ営業」の2種類の営業スタイルとなり、訪れる時間によって違ったメニューと雰囲気が楽しめる。
 なでしこ営業は午後5時~10時で、女性店長の福山京子さんが担当する。福山さんはベジタブルアドバイザーの勉強で学んだ知識を生かし、無農薬有機栽培の野菜を使ったビュッフェスタイルのサラダバーを設けている。兵庫県から取り寄せた旬の野菜を使ったサラダバーで、野菜が7~8種類、前菜が3~4種類用意されている。1皿に盛り付けて食べるワンプレートの方法と自由におかわりできる方法のどちらかを選べ、ワンプレートは500円、おかわり自由は700円。またベジタブルスムージーを出しており、要望を聞いて使う材料を選んでくれる。値段は550円からで、アルコールを入れることも可能だ。
 サムライ営業(青田哲也店長)はなでしこ営業後の午後10時~翌日午前2時。2次会、3次会と足を運ぶ男性の利用スタイルを考え、メニューはお茶漬けやうどんなど締めの一品を用意する。米は青田店長の家で作る上越産を使用する。
 月曜定休。電話520・9474。
写真=オープンしたカジュアルダイニング「Cheers」の店内