上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

移動知事室で上越市内保育園など視察


 泉田裕彦知事が上越市の現状を見聞きしながら執務を行う「移動知事室イン上越」が28日、始まった。初日は移動知事室が置かれている上越地域振興局で同局職員に訓示し、越後杉を使った市内の保育園などを視察した。
 移動知事室は県庁から遠い上越市と佐渡市で地域の現状を実際に見聞するもので、今回は今年で3回目。来越した泉田知事は約120人の地域振興局職員を前に訓示し「現場に来て初めて問題点が分かる。現場を把握している皆様の声を聞かせていただきたい」と述べた。
 午後からの視察では、県産ブランド「越後杉」を内外壁に使用した門前にこにこ保育園で、木材を使った工法や、園の様子などの説明を受けた。園内に入った泉田知事は「すべすべしていて触りたくなりますね」と話し、越後杉の壁や柱を触った。視察中には園児や保護者らと交流し、「先生の言うことをよく聞いて、いい子になって下さいね」と園児たちに語りかけていた。
 そのほか県立柿崎病院と特別養護老人ホームよねやまの里を視察した。
 移動知事室は30日まで行われ、板倉区の地滑り現場や上越野菜の生産地などを視察する予定。
写真=園児らと交流する泉田知事(28日 門前にこにこ保育園)