上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

「そば処たかさわ」 香り高く新そば登場

2011-1024-takasawa.jpg
 長野県信濃町、黒姫の「そば処たかさわ」(農事組合法人高沢農園)では、28日から新そば「霧下そば」が登場する。28日は「信濃町 霧下そばの日」になっており、同店責任者の小林トシコさんは「黒姫高原の紅葉も見頃を迎えています。秋の行楽とともに、この時期にしか味わえない絶品の霧下そばをぜひどうぞ」とピーアールしている。黒姫は、そばの栽培に最適で、最近では「霧下そば」の産地として知られている。
 今年の霧下そばは、例年通り香り高く風味豊なそばに仕上がった。そばの実は、10月上旬から収穫が始まっている。
 新そばメニューのお薦めは、天ぷらやワカサギの甘露煮などが付いた「天ざるそば」(1500円)や「ざるそば」(800円)、一切つなぎを使わない限定「十割黒姫そば」(1000円)など。
 場所は、妙高杉野沢五差路を黒姫方面へ(のぼりが目印)。営業は午前11時~午後5時(ラストオーダー4時30分)。10月31日まで無休だが、それ以降は、木曜定休(11月3日は営業)。電話026・255・5076。
写真=お薦めの「天ざるそば」(1500円)など