上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

「まいどや酒店」が新装開店

2011-1008-maido.jpg
 上越市春日新田1のまいどや酒店(杉田彰店主)が「新潟の酒と米 まいどや」としてリニューアルし6日、オープンした。
 新店舗は白と黒を基調に蔵をイメージした造りで、売り場面積も拡大した。新潟の地酒だけでなく、こだわりの米も新鮮な状態で食べてもらおうと、新たに店頭に精米機を設置。千代のこし光(矢代米)や上越産・魚沼産コシヒカリをその場で精米(今摺り)して販売する。また、店舗の一角には手ぬぐいや風呂敷、酒器などの和雑貨も置くほか、2階にはギャラリーを設置し身近な人の個展などもできる造りとした。現在は上越市出身のカメラマンの写真展「山田愼二 故郷に錦を飾る」を開催している。
 同店は現在地で40年以上続く地元の酒屋。杉田店主は、2010年実施の第3回新潟清酒達人検定(県酒造組合主催)で、最高位の「金の達人」に認定されている。
 営業時間は午前9時~午後7時30分。日曜定休(9、10日は営業)。電話543・6727。
写真=6日に新装オープン