上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

上越菊まつり開幕

2011-1030-kiku.jpg
上越市の秋を彩る「上越菊まつり」(同実行委員会主催)が29日、上越市寺町2の市福祉交流プラザ体育館を会場に開幕した。愛好家が丹精した花が並び、初日から市民らが次々と足を運び、ゆっくりと鑑賞していた。
 昨年まで浄興寺だった会場を今年は変更して開催。地域の愛好家が育てた約400点が並ぶ。
 毎年管理を担当している上越秋陽会によると、今年は菊が花の芽を出す時期に残暑が厳しかったため、花のつきが2週間ほど遅れ、開幕に合わせて咲かせるのが難しかったが、良い花がそろったという。前日に、全日本菊花連盟登録審査員による審査が行われ、9部門で各賞が決定している。
 初日は、福祉施設の利用者や家族連れが訪れて「きれいだね」などと言いながら秋のひとときを楽しんでいた。
 同会の森山志津夫さんは「みんなが丹精して育てた花。ぜひ多くの人に見てもらいたい」と話していた。
 会期は11月6日まで。入場無料。午前9時~午後5時。
写真=会場には白や黄色など鮮やかな約400点が並ぶ