上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

小中高の教科書展示

2011-0621-tenji.jpg
 上越市内の中学校で来年度、使用される教科書などを紹介する展示会が下門前の教育プラザ2階で開かれている。中学校は新学習指導要領に基づいて、現行の教科書と比べて全教科の平均ページ数が25%増。このほか現在使用の小学校の教科書と来年度から使用される高校の教科書も展示されている。誰でも自由に見ることができ、30日まで開催されている。
 主催の上越教科書センターによると、来年度使用の中学校の教科書は、「ゆとり」への反省から内容を充実させた新学習指導要領に基づいており、本年度使用の小学校教科書に続いて大幅なページ増となった。特に理科は45%増、数学は33%増となっている。市教委では2年前から移行期間として徐々に授業時間や指導内容を増やすなど対応しているが、同センターの村山信一館長は「家庭学習の時間を増やしてほしいし、保護者もその環境を整えてほしい」と話している。
 展示会では、来年度から使用される高校の数学と理科の教科書や、本年度の小学校の教科書なども紹介。計498冊を展示している。
 時間は午前9時30分~午後6時。土、日曜は閉館。
写真=平均ページ数が25%増えた中学校教科書など