上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

「居酒屋みなと」7品の定食に満足満腹

20111-0604-minato.jpg
 上越市港町1の居酒屋「みなと」は、主に昼は定食屋、夜は居酒屋として営業する。定食は和食中心で、飲み物やフルーツも付いて合計7品とお得。夜も晩酌にぴったりなセットメニューを提供し、地域で親しまれる店を目指している。
 5月にオープンし、1か月を迎えた。昼の部は午前11時~午後2時。定食メニューはサバのみそ煮、筑前煮、ソースカツ丼など。メイン料理のほかご飯、みそ汁、小鉢3点、お新香、日替わりのフルーツとドリンクが付いて、価格は650~850円ほど。おすすめは煮魚定食(750円から)で、取れたての旬の魚が日替わりで楽しめる。
 夜の部は午後5~10時。生ビール、日本酒、ウイスキー、焼酎を取りそろえる。「店に足を運ぶきっかけになるような、お得なメニューを作りたい」と主人の今泉辰則さんが考案した「晩酌セット」は、生ビール1杯、焼酎1杯、突き出し3点がセットになって980円だ。
 みなとは港町1・24・18。古城公園プール側。座席20席ほど。不定休。「6月4日の上越よみうりを見た」と言うと、生ビール1杯が無料になる。問い合わせは今泉さん080・5140・5986。
写真=「みなと」を営む今泉さん夫婦