上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

救援物資の受け付け始まる

2011-318-kyuuen.jpg
 東日本巨大地震で上越市内の避難所に入った被災者のために、市は17日、西本町4の直江津屋台会館で市民から救援物資の受付を始めた。日、祝日を除き31日まで行う。
 受付物品はいずれも新品に限ったもので、毛布、防寒着、衣類、下着、タオル、バスタオル、靴下、運動靴(スニーカー)、サンダル、子ども用の紙おむつ、シャンプー、リンス、ボディーソープ。紙おむつ以外の物品について大人用や子ども用、サイズを問わない。
 受付時間は午前9時~午後5時。
 受付を始めた17日は、午後1時の開始前から、市民が次々と布団やシャンプー、防寒着などを持ち込み、市職員が物品をチェックしていた。市によると午後3時までの2時間で約100人が訪れた。
 毛布を持ってきた岩木の無職の女性(63)は「テレビで被害や被災者の様子を見て、助けたいと思って自宅にあった毛布を持ってきた」と話した。
写真=毛布やタオルなどを持ってきた市民