上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

建設業者対象に除雪機械技能講習会

2011-0303-ginou.jpg
 上越市は2日、安塚区須川のキューピットバレイスキー場駐車場で市道の除雪を担当する建設業者などを対象に除雪機械技能講習会を開いた。参加者は気を引き締めながらドーザーなど適切な操作方法を学んでいた。講習会は今日3日も行われる。
 講習会は大雪の際に、きめ細かな道路除雪を徹底するため技術向上を図ろうと、除雪オペレーターの経験が浅い人を中心に集めて、ほぼ毎年行われている。今冬は1月中旬に予定されていたが、大雪で延期されていた。
 2日間に渡って行われる今回の講習会には市道除雪を担当する118社のうち28社約80人が参加。テーマは車道の圧雪処理と歩道の拡幅作業。除雪ドーザー2台と歩道用のロータリー除雪車1台に、それぞれ一人15分ほど乗って操作を行う。
 初日は受講者が、講師役の浦川原区の建設業者とともに重機に乗りこみ、重機を操作。除雪ドーザーを何度も前後させながら圧雪を除去したり、ロータリー除雪車で歩道を平らにしていた。
 歩道の拡幅作業を受講した建設会社の男性社員(40)は「この冬から除雪作業を担当している。平らにする方法を学び、勉強になった」と話していた。
写真=講師の指導を受けながら除雪ブルドーザーを動かした