上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

犯人逮捕に協力警察が感謝状

2010-0415-hyousyou.jpg
 上越署は14日、先月に上越市南本町2の神明宮で発生した建造物侵入及び窃盗未遂事件で、犯人逮捕に協力した南本町2の放射線技師、野村真煕(のむらまさき)さん(70)へ感謝状を贈呈した。野村さんは「これからも地域の安心安全に貢献したい」と話している。
 3月18日未明、住所不定、無職の男(29)が神明宮の脇の戸口を破って侵入し、さい銭箱から現金を盗もうとする事件が発生した。野村さんの自宅は同神社に隣接しており、「午前1時40分ころ、物を動かすガタゴトという大きな音や、引きずるような音が聞こえた」(野村さん)ため不審に思い警察へ通報。駆け付けた警察官2人を同神社正面へ案内した。警察官が調べたところ、男を発見し現行犯逮捕した。
 久我正作署長は感謝状を贈呈し、「市民からの通報が検挙へつながった。ありがたい。余罪も数十件あるようなので、検挙に至らねば更に罪を重ねた可能性がある。犯人検挙につながり良かった」と感謝した。
 「通報には勇気が必要だった。妻と2人で警察が来るまで様子を伺っていた」と当時の緊張を語る野村さん。同神社は野、毎朝必ず参拝するなじみ深い場所だという。「犯人が捕まって良かった。これからも積極的に警察活動に協力したい」と話していた。
写真=久我正作署長から感謝状を受け取る野村さん(左)