上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

観桜会の会期21日まで延長

 高田城百万人観桜会を主催する上越観光コンベンション協会などは13日、18日までの予定だった観桜会の会期を21日まで3日間延長すると発表した。天候不順で桜の開花が遅れたためとしている。
 今年は気象庁が14年ぶりに4月の低温情報を出すなど、天候不順が続き、開花は9日と昨年より5日遅れた。13日現在で7分咲きの状況。主催者は過去の状況から当初予定していた最終日18日に満開が予想されるため、3日間の延長を決定。会期は2~21日までの20日間となる。
 会期延長期間中、自家用車の駐車場については、中央橋、稲田橋の臨時駐車場を継続して開設し、シャトルバス(1回100円)の運行も行う。高田スポーツセンター内の大型バス専用駐車場も継続される。主催者は会期延長期間中の交通規制は実施しないとしている。またぼんぼりの点灯など会場のライトアップは最終日まで行われる。
 今年の観桜会は開花が遅れた上に、ぐずついた天気の日が多かったため客足が鈍く、関係者によると11日までの10日間で入り込みは約40万人にとどまっているという。