上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

らーめん祭り人気店9店が一堂に

2010-0411-ra-menn.jpg
 ラーメン好きにはたまらない第3回「城下町・高田らーめん祭り」が10日、上越市の本町商店街を歩行者天国にして行われた。どの店も家族連れなどで長い行列ができ、お気に入りの一杯に舌鼓を打っていた。
 本町3、4、5丁目商店街振興組合連合会が企画した「春フェスタ」のメーンイベントとして、今回で3回目を迎えた。初出店3店を含む地元8店と、新潟市1店を加えた計9店が路上にテントを構えた。
 午前10時半の開店早々から列ができ始め、人気店ではピーク時に100人前後が並んだ。正午前にはテント内のテーブルが満席になり、歩道の縁石に腰を下ろして食べる人もいた。
 初出店した三和区の「たんぽぽラーメン」は、洋風のチーズめんでラーメンファンに挑戦。「イタリアン風で珍しいので、多くの人に味見してほしい」と話していた。
 長岡市から訪れた男性(62)は「上越のラーメン店が一堂に集まるというので、友人と食べに来た。3杯は食べたい」と、足早に次の店へ向かった。
 春フェスタの販売促進委員、宮越雅士さんは「桜の満開と重なった昨年と同じか、それ以上の人出。今年は特にファミリーが多い」と大盛況を喜んでいた。
写真=どの店も長い行列ができたらーめん祭り