上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

快適通学 高校生が呼び掛け

2010-0409-tuugaku.jpg
 新入生を迎え新たな学校生活が始まる時期に合わせ、電車通学を始める学生らに車内マナーの向上を呼び掛けようと、JR東日本新潟支社の直江津運輸区では上越地域の高校生による車内アナウンスが行われている。初日の8日、女子生徒2人が車掌室の放送機器から注意事項などを語りかけた。
 高校生のアナウンスは同支社の「春の快適通学キャンペーン」の一環で、初めて電車通学をする学生らに同年代が声を掛けることで、マナー順守の意識を高め、安全に乗車してもらおうと実施する。重点として▽電車の入り口付近に立ち止まらない▽電車を降りたら電車から離れる▽座席に荷物を置かない▽座り込みをしない──などを挙げている。
 同日、アナウンスをしたのは上越高校3年で生徒会長の酒井美紅さん(17)と、生徒会会計の松岡志歩さん(17)。午前7時43分直江津駅発JR信越本線上り普通列車の、直江津~高田区間で「駆け込み乗車はやめましょう」「荷物は網棚やひざの上に置きましょう」などと、さわやかな声で呼び掛けた。酒井さんと松岡さんはそれぞれ「今後、降りる人を優先せず乗ってくる人などに注意を呼びかけたい」、「新1年生にも車内マナーを理解してもらい、皆でマナーを守って乗車できるようになってほしい」と話していた。
 8、9日は上越高校が、13、14日は新井高校が担当する。
写真=車掌室の車内放送機器で呼び掛けを行う高校生