上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

市内小中学校で入学式

2010-0407-nyugaku.jpg 


 上越市内の市立小、中学校74校で6日、入学式が行われ、3000人余りの新入生が新たなスタートを切った。高田西小学校(市川久男校長、422人)では、新1年生67人が緊張した様子を見せながらも、これから始まる学校生活に目を輝かせていた。
 式の冒頭、新入生は在校生と手をつないで入場。担任の教師が一人ひとり、名前を読み上げると元気良く「ハイ」と返事し、立ち上がった。
 市川校長は「入学を心から待っていた。早く小学校生活に慣れて、先生や学校のお兄さん、お姉さんの名前を早く覚えてください」と新入生に語りかけた。
 在校生を代表して2年生4人が学校を紹介し「楽しい行事がたくさんあります。早く仲良くなりましょう」とあいさつした。
 式の後、新入生は教室で担任から今後の予定など、真剣な様子で聞き入っていた。
 市教育委員会によると、この日に市立小、中学校で入学式を行ったのは小学校全54校と、今日7日に実施する城北中、城西中を除く中学校20校。今年度は市立小学校1700人余りが、同中学校22校に1800人余りが入学する。
写真=入学式後に教室に集まった新1年生(高田西小)