上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

好天でにぎわう観桜会

2010-0405-takadakouen.jpg
高田城百万人観桜会が始まり最初の日曜となった4日、上越市は好天に恵まれ暖かな一日となった。観桜会会場の高田公園では日ごとに膨らむ桜のつぼみの下、シートを広げて昼食を取る親子連れの姿が見られ、開花を待ちきれない見物客らでにぎわった。
同日は本州付近が高気圧に覆われたため、上越市内は晴れとなった。同公園を訪れる人は、トーレーナーやジャケット姿といった春の装いで、芝生広場でボール遊びをしたりお弁当を食べるなど、暖かな日差しを浴びながら楽しそうに過ごしていた。
小さな子供を連れた親子連れが多く訪れており、そのうちの一組、市内の浅野優子さん(24)は家族と友人の大人3人、子供3人で弁当を囲んでいた。「混雑する前に来ようと思って足を運んだ。開花したらまた来たい」と話し、子供たちは「お弁当を外で食べるとおいしい」と笑顔を見せた。
上越市観光コンベンション協会が発表してる桜の開花状況によると、桜はまだ「つぼみ」の状態。
写真=青空の下、高田公園で昼食を楽しむ親子連れ

//