上越よみうりは読売新聞に無料で折り込まれる日刊紙です。旧上越市を中心に政治・経済・サークル活動・スポーツ・イベント等、身近な話題を取材報道している市民新聞です。

若い選手に気持ちで勝つ 上越みなみクラブ ママさんバレー全国大会へ

ママさんバレー.jpg写真=上越みなみクラブのメンバー

 上越市南高田地区を拠点に活動するママさんバレーボールチーム「上越みなみクラブ」は、12月1〜4日に鳥取県で開かれる「全国ママさんバレーボール冬季大会」に出場する。メンバーの平均年齢は46歳。20〜30代の選手も多く出場する大会だが、選手たちは「若い選手に気持ちで負けないで頑張りたい」と意気込んでいる。
 同クラブは、7月に魚沼市で開かれた「全国ママさんバレーボール冬季大会新潟県予選会」に出場。11チームによるトーナメントを制し、優勝した。昨年は県予選で敗退し、本県で開かれた全国大会に出場することができなかったため、悲願の全国大会出場となった。
 チームのメンバーは高田地区を中心とした15人。主将の田中彰子さん(48)は「全国大会に出場するチームの中では、決して若くないメンバー」と語る。若い選手に比べて体力面で劣るため、ラリーの続く試合とならないよう、入念に練習しているサーブや、両エースの新井稲子さん(50)と久保恵美子さん(50)のスパイクなどで積極的に得点を奪いに行く"攻めのバレー"を貫いている。
 練習は毎週2回、市内の学校の体育館で行っている。全国大会に向け、メンバーはトスからのスパイクなど、実戦を意識した練習を繰り返している。課題が見つかった時には、互いに意見を述べ合いながら改善を図っている。
 練習中は真剣な表情でボールに食らいつくメンバーだが、休憩中には日頃の出来事を談笑するなど、仲睦まじい様子が見られる。
 全国大会には、各地の予選を勝ち抜いた全48チームが出場する。田中さんは「チームワークを武器に県大会を勝ち上がることができた。全国大会では一つでも多くの試合に勝ち、予選リーグを突破して決勝トーナメントに進みたい」と目標を語った。

上越妙高の魅力ぎっしり 東本町3の保坂勘作さん 「くびき野 我がふるさと」刊行

20171122保坂さん写真集.jpg写真=「くびき野の宝物がぎっしり詰まっています」と話す保坂さん

上越市東本町3のアマチュア写真家、保坂勘作さん(75)はこのほど、自身2冊目となる写真集「くびき野 我がふるさと 上越市、妙高市心なごむ四季の彩り」を発刊した。10年に渡り上越、妙高の両市で撮影した四季折々の風景が収められている。

保坂さんは現在、ブロンズプロムナード早朝写真展実行委員会、山とくびき野の上映を楽しむ会の代表を務め、写真を通して上越の魅力ある風景を伝えようと活動している。

25歳頃から北アルプスを中心に山に入り、撮影を楽しんできた。「登山の疲れも吹き飛んでしまうほどの魅力的な景色が山にはあるんです」と話す。

麓の満開の桜と残雪輝く春の妙高山、堀を埋め尽くすほどのハスが咲き誇る夏の高田公園、赤く染まったモミジのトンネルが続く秋の春日山、雪の中に温かい明かりがともる冬の雁木通りなど、季節によって表情を変える「くびき野」の様々な魅力が詰まっている。

親しい友人も制作に協力し、巻頭言はブロンズプロムナード早朝写真展実行委員会を立ち上げた森子朗さん、表紙の題字は北島和子さんがそれぞれ担当した。また外国の人にも地域の魅力を知ってもらおうと、長男の達典さんが初めて英訳文を添えた。

保坂さんは「多くの協力を得て、絆の詰まった最高の作品ができた。四季折々の素晴らしい風景がこの地域にはあるので、魅力の再認識や再発見をしてもらえたら」と話している。

写真集はA4判112ページ。500冊限定で1冊3000円(税別)。上越観光物産センター、春陽館書店、メガネの石倉、妙高高原ビジターセンターで取り扱っている。問い合わせは524・8226保坂さん。

南本町交番で37年花植え 地元老人会「永生会」 交番閉所に伴い感謝状受ける

20171120南本町交番.jpg写真=感謝状を受け取る広瀬会長(中央)。左は中村署長、右は南本町交番の古川悟所長

上越妙高駅東口からほど近い上越市大和2に上越妙高駅前交番が24日に開所することを受け、同市南本町1の南本町交番と同市島田の島田駐在所が同日付けで閉所する。20日には、南本町交番で37年間、花植えや草取りなどの美化活動に努めてきた南本町1老人会「永生会」(広瀬繁会長)へ、上越警察署(中村栄署長)から感謝状が贈られた。

県警は、県内の新幹線停車駅のうち上越妙高駅前にのみ交番がなく、また南本町交番が築47年と老朽化していたことから、同交番と島田駐在所を統合し、24日から上越妙高駅前に新しい交番を開所する。

南本町交番がある同市南本町1の老人会「永生会」は、地元の60歳以上の加入希望者55人で構成されている。1980年には、南本町交番の隣に地元の町内会館が完成。同会は両施設の敷地内に花壇を整備し、季節に合わせてチューリップやマリーゴールドなどの花を植え、会員が毎日の水やりを行うなどして、美化活動に取り組んできた。同交番の閉所後は、町内会館の花壇のみで花の育成を続けていく方針。

同署は、永生会が37年間、交番周辺の美化に取り組んできたとして、感謝状を贈呈することを決定。同署署長室で贈呈式を開き、中村署長から広瀬会長へ感謝状が手渡された。

中村署長は「深く感謝の意を表する。(上越妙高駅前交番は)南本町1から遠くなるが、これからも気軽にお立ち寄りいただけたら」と謝辞を述べた。広瀬会長(80)は「夜でも地元の交番に明かりが灯っていることで、防犯の面で励みになっていた。(南本町交番の移転は)時代の流れで、仕方ないこと。これからも定期的に顔を出しに行きたい」と話していた。

木田A念願の初優勝果たす 第34回ファミリー綱引き大会 38チームが白熱の試合

綱引き.jpg写真=33回目の出場で初優勝を果たした木田Aチーム

第34回上越市ファミリー綱引き大会が19日、同市下門前のリージョンプラザ上越で開かれ、小学生から60歳以上までの世代を超えたチームが熱戦を繰り広げた。決勝は、木田Aが諏訪Aを破り、出場33回目にして初めての優勝を果たした。

大会には、町内を基本に小学校区単位などのチームで出場する。1チーム15人で、小学生と女性それぞれ2人以上、55歳以上と60歳以上をそれぞれ1人を必ず入れなければならない。世代を超えて地域をつなぐスポーツイベントとして定着している。

今年は38チームが参加し、8ブロックでの予選を経て、上位2チームが決勝トーナメントへ進出。会場にはそろいのTシャツを着た選手たちのほか各町内の応援団が集まり、熱気に包まれた。

試合は1セット15秒の3セットマッチ。決勝戦は、木田Aが2─0で諏訪Aを下した。

これまで33回出場し初優勝を果たした木田Aの選手たちは、抱き合って勝利を喜んだ。コーチの小山美行さん(50)は「どのチームも強豪なので一つも落とせないという気持ちでやってきた。信じられないくらい嬉しい」と喜んでいた。

レクリエーション競技の大縄跳び大会には26チームが出場し、上中田レッドチームが114回を跳び優勝した。

結果は次の通り。

▼綱引き ①木田A②諏訪A③津有北部地区SC、大和B【敢闘賞】(ベスト8)中郷、上中田レッド、和田、八千浦

▼大縄跳び ①上中田レッド②諏訪B③和田④上中田ブルー⑤小猿屋小学校区⑥中田原

往年の名選手が指導 ヤクルト野球教室に138人 直江津幼年野球

八重樫捕手指導.JPG写真=捕手の心構えや捕球法などを説明する八重樫さん

プロ野球ヤクルトスワローズのOB選手による野球教室(上越市学童野球連盟直江津幼年野球主催)が18日、上越市のリージョンプラザ上越で開かれた。14チームから小学4~6年生138人が参加し、元プロ選手から走、攻、守の指導を受けた。

指導したのはヤクルトの日本一に貢献した元投手の松岡弘さん(70)、ギャオス内藤こと内藤尚行さん(49)、元捕手の八重樫幸雄さん(66)ら計7人。現在は「つばめスポーツ振興協会」に所属し、子供たちの指導にあたっている。元ヤクルト選手による野球教室の開催は8年ぶり。

参加した子供たちは準備運動の後、ベースランニングやキャッチボールのポイントなどを学び、バッテリー、外野、内野の3分野に分かれて練習を行った。

ピッチングの指導をした松岡さんは「コントロールが基本。ストライクを投げないとゲームにならない。スピードや配球はそれから」と基本を話し、キャッチボールで一人ひとりのフォームをチェックした。

ベストナインにも輝いた正捕手の八重樫さんは、ミットを持たない手は「親指を手の中に隠し、親指を守る」、「ワンバウンドのときの捕球は体で止める気持ち」などと、実践的な指導をした。

2013年から2年間、新潟アルビレックスBCの監督も務めた内藤さんは、選手をベースの前に集め「ボールはベースの外側半分の低めを通過するよう目掛け、しっかり足を上げて投げる」などと、指導していた。

指導を受けた名立バファローズの高橋源太君(6年)は、「三振を取るよりも打ってアウトにすることの大事さを、分かりやすく説明してもらった」と話していた。

地域の宝を後世に継承 上越市名家一斉"初"公開 文化財の認識向上目指す

20171030名家一斉公開白田邸1.jpg写真=今回初めて公開される登録有形文化財の白田邸

上越市内に残る明治、大正期に建てられた白田邸(同市頸城区)、瀧本邸(同)、林富永邸(同市三和区)、保阪邸(同市戸野目)の名家4邸が19日、一般向けに初めて一斉公開される。各所有者らで結成した「上越市名家一斉公開2017実行委員会」が主催し、地域の重要な文化財として多くの人に認識してもらい、維持管理の仕組みなどを考えてもらうきっかけにする。

企画したのは、日本庭園や和風建築を後世に残すために鑑賞講座などの活動を行っている「庭屋一如研究会」を主宰する藤井哲郎さん。同市に多数残る大庄屋クラスの邸宅や庭園を「地域の宝」として後世に継承していこうという藤井さんの呼びかけに、各所有者が賛同して今回の一斉公開が実現した。

今回公開されるのは、明治天皇御小休座敷「玉座の間」を移築した入母屋造りの白田邸、宮大工による書院造りの懐徳亭を有する瀧本邸、借景庭園と茅ぶき屋根が特徴の林富永邸、重厚な外観で数寄屋造りの怡顔亭を有する保阪邸の4邸。いずれも明治・大正時代に建てられ、現在も個人所有のまま引き継がれている。登録有形文化財や市文化財に指定されたりしており、これまで一般公開されてきた邸宅もあるが、一斉公開することで地域活性化と認知度向上を目指す。

また、来年以降の継続開催にもつなげ、維持修繕費を寄付金などでまかなえるようにしたり、清掃ボランティアの募集など、邸宅を後世に残す仕組みを考える。

このうち今回初めて公開される白田邸は1918年に建築され、2014年に登録有形文化財となった。明治天皇が北陸巡行の際に休息を取った家を移築して作られた「玉座の間」や、一枚張りの手作りガラスを使用した三重引き戸、金粉や金砂子を使用したふすまなど、洗練されたガラス建具や座敷の造作などを見ることができる。

所有者の白田美和子さんは「吟味した材料を使い16年かけて作った純和風のもの。2度と同じ建物は作れないので、雰囲気を楽しみながらゆっくりと見てもらいたい」と話している。

いつでも買い物楽しんで 特養ホーム三和愛宕の園 イチコとのコラボ店設置

20171113イチコの無人スーパー設置.jpg写真=設置された無人スーパーで買い物を楽しむ利用者

上越市三和区井ノ口の特別養護老人ホーム三和愛宕の園(丸山裕考施設長)はこのほど、上越地域のスーパーマーケット「イチコ」とコラボレーションした無人スーパーを、施設内に設置した。利用者らは飴やスナックなどを手に取り、買い物を楽しんでいた。

同園では、施設入居後もこれまでの暮らしが継続できるように、施設内で喫茶店やそば打ち体験などのイベントを行っている。

今回は、上越地域でスーパーマーケット6店舗を展開している「イチコ」とのコラボ企画で、利用者が自由に買い物できるような環境を作ることが目的。現実の販売スペースに近づけようと、実際に店で使われていた商品棚やポップを借りて、施設内に無人スーパーを設置した。24時間営業で、定休日もない。支払いは商品棚の脇に置いてある集金箱に購入分の金額を入れるシステム。

商品はスナック菓子やアイスクリーム、カップ麺、ジュースなどが100円から200円で販売されているほか、電池や歯磨き粉、ボックスティッシュなどの日用品も並んでいる。無人スーパーには次々と利用者が訪れ、商品を手に取りながら談笑し、買い物を楽しんでいた。

同園は「利用者もスタッフも買い物を楽しんでいる。商品は今後増やしていく予定で、利用者の思いに最大限寄り添っていきたい」と話していた。

ほぼ毎日買い物に来るという神田トキさん(91)「馴染みのスーパーなので立ち寄りやすい。商品を見に来るのが楽しみで、思わず買ってしまうね」と喜んでいた。

上越市大和2の大ケヤキ 樹齢は推定350年以上 巨樹登録の記念講演会を実施 上越妙高駅と共に歩む会

大和の大ケヤキ2.jpg写真=樹齢350年と判明した今泉城跡の大ケヤキ

 上越市大和2の今泉城跡の大ケヤキを観光資源として活用するための取り組みを進める「上越妙高駅と共に歩む会」(石平春彦会長)は12日、大ケヤキが国の巨樹・巨木林に登録されたことを記念する講演会を地元の町内会館で開き、大ケヤキの樹齢は推定350年以上であることを報告した。今後は案内板を設置したり、市の文化財などに指定されるよう働きかける方針。
 同市大和2の大和神社内にある大ケヤキは、約680年前の南北朝時代にあった今泉城の土塁の上にあり、高さは約27㍍、幹の根本の周囲は約7・3㍍。推定100年以上前の落雷で木の一部が焼けたものの、現在も生き続けている。同会はこの大ケヤキを「今泉城跡の大ケヤキ」として新たな観光資源にしようと、本年度から3年計画で活動に取り組んでいる。これまでは国や市の調査対象となっていなかったが、同会の働きかけにより今年9月には国の巨樹・巨木林に登録された。
 この日の講演会では、農学博士で福井県立大学の進士五十八学長が、地域の自然資産を生かしたまちづくりについて、市民ら約150人の前で講演した。進士学長は大ケヤキ周辺の風景に触れ、「土地や地形を生かした風景作りをすると良い。大和神社の参道に生け垣を整え、格を上げてみてはどうか」と語った。また名称については「"大ケヤキ"という名称は全国にたくさんある。(現在の名称は)今泉城跡の大ケヤキであることを発信していて良い」などと評価していた。
 また今年6月の樹勢診断、7月の樹齢調査の結果発表も実施。担当した樹木医は、採取した木材に含まれていた放射性炭素の半減期などから「樹齢は350年以上ではないか」との結論を出した。また樹勢に関しては、5段階評価で上から2番目の結果となり、樹木の衰退度は低いことが分かった。
 石平会長(63)は「大ケヤキが南北朝時代からのものであるかは分からなかったが、350年という1つの数字が出た。戦国時代の後に、平和を願った住民が大ケヤキを植えたのではないかという物語ができる」と話していた。

482点の力作並ぶ 上越信金小学生図画展覧会 初日は"金庫賞"6人を表彰

20171111信金表彰式.jpg写真=最高賞の金庫賞受賞者や審査員長の濱口さん(左)ら

「第14回上越信金小学生図画展覧会」(上越信用金庫主催)が11、12の両日、同市春日謙信交流館で開かれている。入場無料。初日の11日には各学年の最高賞「金庫賞」の表彰式が行われ、受賞した6人の児童たちが賞状を受け取った。

同展は子供たちの情操心の育成、地域文化向上のため、高田信金時代の1976年にスタート。合併前から数え40年以上継続している。

今回は市内48小学校から482点の力作が寄せられた。作品は今月1日、元県美術教育連盟会長の濱口剛さんら4人が審査に当たり、金庫賞6点をはじめ、各賞を決定した。

表彰式には金庫賞受賞児童6人をはじめ、その家族らが出席。同信金の大堀芳和専務が受賞者たちに祝福の言葉をかけ「絵の才能を今後も育んでほしい」と労い、賞状を手渡した。

審査員長を務めた濱口さんが一人一人の作品を講評。作品の良い点、心惹かれた部分を語ったほか、「思ったことが素直に表現されていたし、今まで見たことがない素敵な作品が多かった。素直で一生懸命で心を込めることは社会でとても大切なこと。この気持を大切に持ち続けて」と言葉を贈った。

「きれいなさくらと遊びましょう」と題し、大きな満開の桜の木の下で友人と遊ぶ絵を描いた市立上雲寺小3年の太田凜音さん(9)は「私が生まれた日、桜が満開だったと(母から)聞いてから桜がとても好きになりました。桜をきれいに描くことができたし、空の色を濃い色から薄い色にするところを工夫しました。(受賞は)とても嬉しいです」と満面の笑みを浮かべていた。

今日12日は午前9時から午後6時まで。

ブロンズ像に冬の装い 上越市の高田公園 降雪に備えて囲い作業

20171110ブロンズ像冬囲い.jpg写真=高田公園で冬囲いに取り組む市職員ら

降雪シーズンを間近に控え、上越市の高田公園で10日、ブロンズ像の冬囲い作業が始まった。秋晴れの空の下、赤く色付き始めた公園内で同市職員らは協力しながら着々と作業を進めた。

同公園のブロンズ像は西堀遊歩道沿いのブロンズプロムナードの16基をはじめ、噴水付近には同市出身の彫刻家、岩野勇三のブロンズコーナーに10基、計26基がある。ブロンズ像を雪の重みから守るため、毎年この時期に冬囲いが行われる。

この日は同市職員と同市シルバー人材センター登録会員の計8人が作業に当たった。冬季も鑑賞できるように、ブロンズ像は四方を覆わず正面を開けて囲う方法を取り入れている。作業は支柱を組んでくいを打ち、竹でブロンズ像を囲い、慣れた手付きで次々と縄を結んでいった。

高田公園管理事務所の石田三郎さん(64)は「ブロンズ像はもろい部分もあるので、しっかりと冬囲いを行っていく。紅葉や雪の中でも鑑賞を楽しめるので、ぜひ見に来てほしい」と話していた。

来週中にブロンズ像の冬囲いを終える予定で、同時に行われている樹木約5600本の冬囲いは、11月中に終了するよう作業を進めている。